2006年5月 6日

[selinux-users:01578] [PATCH] XATTR support on JFFS2 (version. 5)

海外です。

# YLUGでもマッチしそうな話題ですので、クロスポストしています。

この前のRussell Coker氏勉強会の後の懇親会で、何人かの方からツッコミを頂
いたJFFS2向けのXATTRパッチですが、以下の修正を含めたものを本家のMLに投げ
ておきました。

- 最新の mtd-2.6.git ツリー向けに調整
- EBS(Erase Block Summary)機能へのXATTRの対応
(sumtool コマンドの拡張を含む。)
- 潜在的なrace conditionの修正
- 同一のname/valueペアでXATTRを更新した時に、予期しないエラーが返却
される問題の修正
- XATTRのname/valueペアを削除する際のバグを修正

私のサイトからダウンロードできるようにしておきましたので、よろしければ
どうぞ。
http://www.kaigai.gr.jp/pub/xattr_on_jffs2.kernel.version-5.patch
http://www.kaigai.gr.jp/pub/xattr_on_jffs2.utils.version-5.patch
# いつの間にかkernel+utilsで4KLを越えてしまった…。

なお、MTDのgit-treeのチェックアウト方法は以下の通りです。
% git-clone git://git.infradead.org/mtd-2.6.git mtd-2.6.git
% git-clone git://git.infradead.org/mtd-utils.git mtd-utils.git

git関連コマンドは Fedora Extra に含まれるものを持ってくるのが一番手っ取り早い
かと思われます。

それでは
--
KaiGai Kohei

投稿者 xml-rpc : 2006年5月 6日 16:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/35828
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。