2006年5月 5日

[selinux-users:01576] SELinux 週間レポート


藤原@ユーザ会のBruce Dickenson です

今週本場の人達の間で話し合われていることを
リポートします。

1 モジュール形式になったことによる出てくる問題について
(Tresys-NSA-Red Hat)

2 MCS を必ず使わせたいがどうしたらいいと思うか。
(Russell Cocker-James Morris)

1については、議論中です。モジュール形式になったことの利点は、
プログラムを配布する側
(どんな人でもよい:例えば私がつくって配布するときとか)
がポリシを同梱して配布するか、それとも、プログラムとポリシは
別々の方がいいのか。
同梱して、例えばrpmをインストールするときに一緒にポリシも
入ってしまうのがいいという人と、別々の方がいいという人がいます。

2については、先日日本に来ていたRussellが提唱しました。
せっかくMCSやMLSをつくったのに、ほとんど気づきもされていない
のはもったいないし、s0という低レベルでプロセスが動いているのは
よろしくない。又、フォルダにカテゴリがついていないのはよくない
(これは私と鎌倉探訪している時も言っていた)

もし意見がある方は、このMLで発言するか、直接本場のMLで発言
してみて下さい。Russellが求めているのは、こういう交流だと思うので。

投稿者 xml-rpc : 2006年5月 5日 09:49
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/35799
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。