2006年5月 3日

[selinux-users:01572] Re: ログインについての悩み-苦悩【解決】


中村です。

On Wed, 3 May 2006 09:14:37 +0900
"RainDog" wrote:
> /etc/selinux/strict/src/policy/appconfig/root_default_contexts
> のsysadm_r -> staff_rという順番で並んでいるのを
>   staff_r -> sysadm_rという順番に入れ替えればOKでした。

> なんとまぁややこしい。もう少しファイルを整理してもらいたいものですね。すると、default_contextsは何をやっているのだろうか?
> 一般ユーザロールのためのcontextなのだろうか?そうだとするとrootのcontext紛らわしいのではずしてもらいたいものです。
>rootディレクトリに.default_contextsを作成してもダメ、
すっかり忘れていたのですが、言われてみて思い出しました。
FC3ぐらいから、ホームディレクトリに.default_contextsを作成してもだめで,
代わりに、<ユーザー名>_default_contextsを
作成する必要があった気がします。

default_contextsは、<ユーザー名>_default_contextsが存在しないユーザーがログインした場合の設定です。

例えば、
ユーザー名rootがログインした時は、
まずroot_default_contextsを見ます。
このファイルが存在しない場合default_contextsが参照されます。

---
Yuichi Nakamura

投稿者 xml-rpc : 2006年5月 3日 12:55
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/35751
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。