2006年4月 6日

[selinux-users:01494] make relabel || restorcon


藤原@ぼちぼち です。

Smalley 氏が本場のMLでやさしくご教示しておられるのを
拝見しました。

彼によると、自分がどのフォルダにタイプづけしているのか
わかっているのなら、Restoreconをつかいなさい。

make relabel だと、全ファイルに再タイプづけするので、

という趣旨の御発言でした。

私は現在、なぜか make relabel できない状況で、
Restorecon を覚えたんですが、 (-Frv としています)
結構好きになりました。

やはり、「徹底ガイド」で覚えたことがしみついていますので、
軟らかくしないといけないです。

ところで、最新の洋書
Mayerさん等が書かれたという、

"Selinux by Example: Using Security Enhanced Linux (By Example)"

の翻訳とか進んでいるんでしょうか?

6000円を越えてますけど、買った方がいいんでしょうか...。

投稿者 xml-rpc : 2006年4月 6日 22:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34487
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。