2006年2月11日

[selinux-users:01383] Re: SELinux project at sourceforge の活用法


 やまねです。

On Sat, 11 Feb 2006 07:14:09 +0900
omok@xxxxx (Kazuki Omo) wrote:
> > man-pages-ja はおそらく JM の成果なので,JM に突っ込めばいいんじゃ
> > ないでしょうか?
>

> LIDSに限ってですが、JMに入れてもらったら自動的にDebianにも入ってました。
> その辺は、各自のディストリビュータがJMから成果をマージしているって
> 事じゃないでしょうか。

 各distroのパッケージメンテナが upstream(ここでは manpages-ja)
 の様子を見て、適宜入れていくと思います。

 ちなみに Debian の manpages-ja だとこんな感じで。
>>manpages-ja (0.5.0.0.20060115-1) unstable; urgency=low
>>
>> * New upstream release.
>>
>> -- Keita Maehara Sun, 15 Jan 2006 22:13:28 +0900

 という形で。確実に早くしたいのであれば、manpages-ja 側が
 更新したらすぐに distro の BTS (bugzilla とか使ってますよね)
 のパッケージのところに wishlist として出せば良いはず。

投稿者 xml-rpc : 2006年2月11日 12:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/31400
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。