2006年2月10日

[selinux-users:01369] SELinuxとAppArmor


中村です。

Dan Walsh氏が、SELinuxとAppArmorについて思うところを書いてます
http://danwalsh.livejournal.com/

なかなか興味深いです。
「セキュアOSが増えるのは生産的でない、SELinuxに一本化して頑張ろうではないか」

 というノベルへの呼びかけのように思えます。

セキュアOSが増えると、
開発者はそれぞれのセキュアOSに対応する必要性が出てきて、
で、結果どうなるかというと、「どれもサポートしないのが一番楽」
ということになり、セキュアOSが消滅するのを危惧しているようです。

独占が生じないのがOSSのいいところのはずですが、
プロジェクト乱立によって、商用ソフトに各個撃破されてしまう、
という弱点もありますね。

他分野で、
色々プロジェクトがある場合、
どうなってるんですかねぇ?

個人的には、喧嘩には関わりたくないですけど。

---
Yuichi Nakamura
Japan SELinux Users Group(JSELUG)
SELinux Policy Editor: http://seedit.sourceforge.net/

投稿者 xml-rpc : 2006年2月10日 07:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/31326
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。