2006年2月 7日

[selinux-users:01354] Re: SELinux manpage (Re: 共同作業(wikiの有用性))

海外です。

項目の整理とWiKiへのアップロードありがとうございます>中村さん

もうすぐ会社に行かねばならないので一点だけ。
先日、面さんの出してくれたJP-manpageのガイドラインには
「原文との対応を分かりやすくするため、翻訳文には原文をコメント
アウトして挿入する」というのがありました。

特に理由もなければ、SELinuxのmanpage翻訳に際しても、上記の方針を
加えてみてはいかがでしょう。

以下の手順でOKのようです。
例) checkpolicy の場合
% gunzip -c /usr/share/man/man8/checkpolicy.8.gz > ./checkpolicy.8
% echo >> ./checkpolicy.8
% gunzip -c /usr/share/man/man8/checkpolicy.8.gz | \
awk '{ \
if ($0 ~ /^\.\\"/) { \
print \
} else { \
printf(".\\\"O %s\n", $0)
} \
}' >> ./checkpolicy.8

これで、./checkpolicy.8 には、"原文"+"コメントアウトされた原文"が書き込まれ、
訳者は"原文"の部分を置き換えればOK

それでは。
(うげ…外は雪だよ)

↓下記、これくらいの数なら(2)予約はなくてもいいかなとも思います。

> まとめると、手順は以下のよう??
> 1) まず、wikiをみて、予約されてないことを確認。
> http://intrajp.no-ip.com/pukiwiki/?SELinux%CF%C2%CC%F5%A5%EA%A5%B9%A5%C8
> 2) 和訳項目を予約
> MLまたはstaff@xxxxxに名乗りをあげる
> 3) wikiに登録(和訳したい人が自分で登録)
> 和訳wikiの練習ページを作りました。
> http://intrajp.no-ip.com/pukiwiki/?%CF%C2%CC%F5%A5%EA%A5%B9%A5%C8%CE%FD%BD%AC%CD%D1
> ここで練習できます。
> 4) 成果物をwikiの「添付」を使うか、自分のホームページにアップロード(man形式だけでなく、htmlも)
> $ groff -mandoc -Thtml audit2allow.1 > audit2allow.html
> のようにすれば、htmlに変換できます。
> 5) wikiにリンク貼る 
> その後の取りまとめは、また別途決めることにして…
>
> wikiがどれくらいうまくいくか分からないので、
> 3)は、可能なら自分のページにアップロードするのがいいですかね。
>
> あとは、「2」の予約って、宣言するためのメールは必要ないような気もしてきました。
> 人数少ないうちは、いきなりwikiに登録でもいいかも。
>
> ----
> Yuichi Nakamura

--
KaiGai Kohei

投稿者 xml-rpc : 2006年2月 7日 08:41
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/31086
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。