2006年2月 4日

[selinux-users:01343] 第2回SELinuxシンポジウム2人目の基調講演者決定のお知らせ


藤原@早起き です。
Frank Mayer さんが、本場のMLにシンポジウムの2人目の基調講演者のお知らせを出しています。

今度はイギリスの方です...。
英語圏総出場ですな。
やはり政府の主導が必要なんだと痛感します。
私も微力ながら貢献したいです。


ところで、最近オーストラリアでシンポジウムがあったようで、チュートリアルとかもやったみたい。
日本から近いからオーストラリアの方々と交流なんていいかも...。
cokerさんとか。

以下 訳文です。
***********************

英政府の英中央情報保障局長?である、スティーブマシュー博士に2人目の基調講演者になっていただきました。

(英中央情報保障局?)は、イギリス政府において情報社会基盤に対するリスクを適切に取り扱う

保障機関の役割を果たすため2002年10月に設立されました。

この補職以前に博士は、e-Envoyのセキュリティポリシ作成担任部長であり、e-政府の共通フレームワーク
を確立する責任を持たれておりました。

共通フレームワークとは、個人や事業主等がe-政府の提供するサービスを利用する際の認証方式を含んでいます。

又博士はパブリックセクターにおいて、セキュリティ及びIT技術の15年以上にわたるご経験がおありです。

マーシュ博士は、「イギリスe-政府:革新的業務の為のセキュリティ上の問題点及び解決策」という題名で
講演いただきます。この講演で、イギリスにおけるe-政府が直面しているセキュリティ上の問題点とともに
実行された解決策に付いて紹介していただきます。

SELinuxを解決策の一つとしてイギリスe-政府では試していただいたようです。

SELinuxには、基幹業務のコンポーネントやアプリケーションの安全確実性を高めるという能力があります。
シンポジウムの期間中、イギリスe-政府パイロットプログラムにおいてSELinuxをどう使うか議論するという
ケーススタディも用意しております。

原文です。

For those planning to go the SELinux Symposium, a second keynote speaker has
just been announced. The press release is below. The agenda for the
technical session has also been updated; see the symposium's web site
(www.selinux-symposium.org). Frank

-=-=-=-=-=-=-
Second Keynote Speaker Announced for the
Second Security-Enhanced Linux Symposium and Developer Summit
Event slated for February 27-March 3, 2006 in Baltimore, Maryland, USA

Baltimore, MD - (February, 02 2006) - Dr. Steve Marsh, Director of the
Central Sponsor for Information Assurance unit in the UK Cabinet Office,
will be a keynote speaker for the second annual Security-Enhanced Linux
(SELinux) Symposium scheduled for February 27-March 3, 2006 in Baltimore,
Maryland.
The Central Sponsor for Information Assurance unit was formed in October
2002 to provide assurance to government that the risks to the UK national
information infrastructure are appropriately managed. Prior to this
assignment, Dr. Marsh was Director of Security Policy in the Office of the
e-Envoy, responsible for establishing a common framework for the security of
electronic government systems. This included the ways by which individuals
and business users authenticate themselves when using electronic government
services. He has over 15 years experience in security and IT within the
public sector.

Dr. Marsh will present a keynote address entitled "UK e-Government: Security
Challenges and Solutions for Innovative Service Delivery." In this address,
Dr. Marsh will share some of the security challenges facing e-Government
services in the UK, as well as some of the solutions being explored to
address these challenges. SELinux is being explored as one of a number of
aids to securing UK e-government services. SELinux has the ability to
provide enhanced information assurance for key infrastructure components and
applications. A separate case study to be presented during the symposium
will discuss the planned use of SELinux in an UK e-Government pilot program.

About the SELinux Symposium
The Security-Enhanced Linux (SELinux) Symposium is an annual exchange of
ideas, technology, and research involving SELinux. SELinux is technology
that adds flexible, strong mandatory access control security to Linux. The
Second Symposium is scheduled for February 27-March 3, 2006 in Baltimore,
Maryland and is sponsored by Hewlett-Packard, IBM, Red Hat, Tresys
Technology, and Trusted Computer Solutions. The event brings together
experts from business, government, and academia to share research,
development, and application experiences using SELinux. For information on
registration and sponsorship opportunities, see www.selinux-symposium.org or
info@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2006年2月 4日 06:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/30911
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。