2006年2月 3日

[selinux-users:01341] Re: 共同作業(wikiの有用性)

海外です。

> #ということで、次はFlask http://www.nsa.gov/selinux/papers/flask-abs.cfm)
> #でも翻訳して、SELinux関連の文書を片っ端から翻訳しましょうか(^^)

うーん、論文もいいんですが…(分量が多いんですよね。)

確かSELinuxのmanpageって、英語のものしかないと思うのですが、

manpageの日本語化を行って本家サイドへのマージを目指すというのは
いかがでしょう?
論文に比べると分量も少ないですし、ありがたみから言うとかなり
ポイント高いかと。
--
KaiGai Kohei

投稿者 xml-rpc : 2006年2月 3日 23:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/30896
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。