2006年1月25日

[selinux-users:01330] 第2回SELinuxシンポジウム基調講演者決定のお知らせ


藤原@早起き です。
Frank Mayer さんが、本場のMLにシンポジウムの基調講演者のお知らせを出しています。
ささっと簡単に和訳します。行ける方は行ったらためになると思います。ちなみに私は高いので
行けません。行こうと思ってたけどな...。やっぱりこういう分野は国主導になるんでしょうね。
アメリカすごいです。


以下翻訳です。

SELinux Symposiumに参加を予定されている方に、基調講演者をお知らせ致します。
下記に詳細を記述しております。フランク
*************************************
第2回SELinuxシンポジウム兼開発者サミット
(2月27日〜3月3日於メリーランド州ボルティモア)の基調講演者について

スティーブ ウォーカー氏にお願いしました。スティーブ ウォーカー社の社長です。
彼は35年以上米国防総省で現在のセキュリティの基となった調査研究にあたって来られました。
NSAで22年間勤務され、ARPAと米国防総省で勤務されました。ARPAnet、すなわち現在の
インターネットの基となったネットワークを立ち上げた主要メンバーのお一人です。
彼は国防総省のコンピュータネットワークや米国におけるコンピュータセキュリティセンター
の設立に尽力されました。
さらに、ウォーカー氏は、1983年に設立されたトラステッドインフォメーションシステムズ/TIS
の社長兼代表取締役を経験されておられます。同社はネットワークアソシエーツ社に買収される
まで全世界に350人以上の従業員を擁し、事務所を構えておりました。TISは世界で最も安全な
firewall,Gauntlet,最初の輸出可能な暗号,RecoverKeyを開発していました。現在彼は
スティーブ ウォーカー ベンチャーファンドの社長として、新しい技術に出資を惜しみません。

「主要OSにおける実用的な強制セキュリティー歴史的見地から」という演題で講演していただく
予定です。この講演に措いて、SELinuxが30年以上にわたり、いかに技術的、政治的、経済的困難
を克服し、実用的な強制アクセス制御分野において主流となるに至ったかという視点でお話いただける
ものと考えております。

シンポジウムホームページ
http://www.selinux-symposium.org

原文です。

For those of you planning to attend the SELinux Symposium, we just annouced
the opening keynote speaker. I've attached the press release below. Frank

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

Opening Keynote Speaker Announced for the
Second Security-Enhanced Linux Symposium and Developer Summit

Baltimore, MD - (January 23, 2006) - Steve Walker, President of Steve Walker
& Associates and Managing Partner of Walker Ventures, will be the opening
keynote speaker for the second annual Security-Enhanced Linux (SELinux)
Symposium scheduled for February 27-March 3, 2006 in Baltimore, Maryland.

Mr. Walker has the unique experience of having participated in the evolution
of computer security over the past 35 years from its early research within
the U.S. Department of Defense (DoD) through its explosion into today's
world-wide products and services business. He is a 22-year veteran of the
DoD at the National Security Agency, the Advanced Research Projects Agency
and the Office of the Secretary of Defense. Mr. Walker was one of the elite
members of a team responsible for the development of the ARPAnet, the
legendary breakthrough messaging system that allowed the birth of the
Internet as we know it today. He is also nationally recognized for his
pioneering work on the DoD Computer Security Initiative and establishment of
the National Computer Security Center within the U.S.

In addition, Mr. Walker was the President and Chief Executive Officer of
Trusted Information Systems, Inc. (TIS), which he founded in 1983. Before
its purchase by Network Associates, TIS had become a publicly traded
company, employed more than 350 people, and had offices throughout the
world. Having its foundation in network security advanced research and
development, TIS was responsible for creating revolutionary technologies
including the world's most secure firewall, Gauntlet, and the first fully
exportable encryption, RecoverKey. Currently, Mr. Walker serves as President
of Steve Walker & Associates and Managing Partner of Walker Ventures, a
venture capital fund investing in early-stage technology companies.

Mr. Walker will present a keynote address entitled "The Road to Practical
Mandatory Security in Mainstream Operating Systems - an historical
perspective." In this address, Mr. Walker will share his insights on the
technological, political, and business challenges that have been overcome
the past 30+ years on the road to the practical mandatory access control
features SELinux brings to the mainstream.


About the SELinux Symposium
The Security-Enhanced Linux (SELinux) Symposium is an annual exchange of
ideas, technology, and research involving SELinux. SELinux is technology
that adds flexible, strong mandatory access control security to Linux. The
Second Symposium is scheduled for February 27-March 3, 2006 in Baltimore,
Maryland and is sponsored by Hewlett-Packard, IBM, Red Hat, Tresys
Technology, and Trusted Computer Solutions. The event brings together
experts from business, government, and academia to share research,
development, and application experiences using SELinux. For information on
registration and sponsorship opportunities, see www.selinux-symposium.org or
info@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2006年1月25日 04:10
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/30312
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。