2012年2月 2日

[samba-jp:21671]Office 2007形式のxlsx ファイルを開くとエラー

菊地@千葉です。おつかれさまです。

現在下記の現象が発生してます。
情報ありましたら教えてください。


現象
Office 2003 SP3 + Office 2007 互換機能パックの環境にて

2007形式のxlsx ファイルを開くとエラーが表示され、
かつ、開いたファイルが勝手に消えるという現象が発生

発生状況:

xlsx ファイルを開く。上書き保存を行うと
「ファイル名.xlsx への変更は、共有違反のため保存されませんでした。
別のファイルに保存し直してください。」

そして、別名保存を促すウィンドウが出て、キャンセルを押しても
「ファイル名.xlsxに保存出来ませんでしたが、テンポラリドキュメント
50D6370に保存されました。テンポラリドキュメントを開き、新しい名前
をつけて保存してください」

発生環境
・RHEL 5.6 samba3.5.6-1
・ubunt samba3.4系

smb.conf(抜粋)

[global]
dos charset = CP932
unix charset = UTF8
display charset = UTF8
netbios name = FILESRV
server string = Samba Server
passwd program = /usr/bin/passwd %u
log level = 3
log file = /var/log/samba/log.%m
max log size = 50
unix extensions = No
deadtime = 15
socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
load printers = No
max stat cache size = 1024
preferred master = Auto
dns proxy = No
map acl inherit = Yes
dos filemode = yes

以上。

菊地


投稿者 xml-rpc : 2012年2月 2日 13:29
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/108512
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。