2011年8月12日

[samba-jp:21527] Re:複数のサブネットのマスターブラウザを1台でまかないたい

たかはしもとのぶです。

From: ODAGIRI Koji <odagiri@xxxxx>
Date: Wed, 10 Aug 2011 10:16:52 +0900

> OSSTech 小田切です。
>
(中略)


> 「ルータを隔てた」リモート ワークグループを参照することはできません。
>
> というこで、ルータで隔てられていなければ可能です。
>
> つまり、ドメイン/ワークグループに参加するすべてのクライアント/サーバが
> ブロードキャストで通信できれば大丈夫です。
>
> ブロードキャストで通信できれば
> ・ブラウズリストの交換が可能
> ・WINSに複数のドメインコントローラーのIPアドレスが登録されていても
> ブロードキャストで探せる
> からです。
>
> [samba-jp:21522]でたかはしさんが書いている設定は不要なはずですし、
> 設定してもブロードキャストが届かなければ効果はでないと思います。
>
> >> [環境]
> >>
> >> subnet1 / 192.168.1.0/24 / Group_1
> >> subnet2 / 192.168.2.0/24 / Group_2
> >> subnet3 / 192.168.3.0/24 / Group_3
> >> subnet4 / 192.168.4.0/24 / Group_4
> >> subnet5 / 192.168.5.0/24 / Group_5
> >> subnet6 / 192.168.6.0/24 / Group_6
>
> 上記のサブネットすべてにつながっているコンピュータにブロードキャストが
> 届けば大丈夫なはず

元質問者の方は、各サブネットごとに異なるワークグループ名(上記で言えば
Group_1 から Group_6)で運用したいとおっしゃっているところがミソです。

ですので、最低でも論理的にはマスタブラウザとなるマシンが 6 台分は必要
になりますよね。それを 1 台のマシン上でやりたいとおっしゃっているので、
わたしが書いたような設定が必要だと思います。

---
TAKAHASHI Motonobu <monyo@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2011年8月12日 00:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105643
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。