2011年7月29日

[samba-jp:21510]Office2010におけるファイルオープン


皆様

初めまして
伊藤と申します。

Samba:3.5.6
Glusterfs:3.2.0


現在、サーバ側でGlusterfsを用いたクラスタ間でのファイル共有を行い、
Sambaでファイル操作を行うシステムを作成しております。

表題の件なのですが、
Office2010(Excel、Word)でファイルを開くと以下の挙動をいたします。

・右クリック→開く、もしくは、ファイルにカーソルを選択後少し時間をおいてからエンター押下 
 ⇒通常通りファイルを開ける

・ダブルクリックでファイルを開く、もしくは、ファイルにカーソルを選択後すぐにエンター押下 
 ⇒以下のダイアログが表示される。
  『[ファイル名] は編集のためロックされています。
  使用者は ['ほかのユーザ'] です。』
この際、他に誰もファイルを開いておらず、また上記のダイアログで「通知」を選択すると
10秒後くらいに『編集可能になりました』のダイアログが出て通常通りファイルが開かれます。

Office2007では上記の現象はおきません。
また、Office2010でもGlusterを使用しない場合は問題ありません。

解決方法が分かれば何よりですが、
まずは私だけの問題なのかそうではないのかだけでも判断したいと考えております。
自環境でしか起こっていないのであれば、smb.confなど、設定の問題だと思いますので。

SambaというよりはGlusterとOfficeの問題だと思いますが、
このような事象について何かご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?
そんなことはありえない、同じ問題に遭遇したことがある、等のちょっとした情報でも構いません。

以上、よろしくお願いします。


投稿者 xml-rpc : 2011年7月29日 01:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105354
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。