2011年6月26日

[samba-jp:21451] Re:Samba4.0α16が出ました

たかはしもとのぶです。

遅くなりましたが、ひさびさにリリースノートを翻訳してみました。

From: Samba-JP oota <ribbon@xxxxx>
Date: Fri, 24 Jun 2011 16:19:13 +0900

> http://lists.samba.org/archive/samba-announce/2011/000233.html

>
> 3.6.0より先に出ちゃいましたね。

我々は Samba 4 alpha 16 リリースを誇りに思う。

Samba 4 alpha16 の新機能
========================

Samba 4.0 は、Samba の次期版であり、Samba4 アルファ版と安定版である
Samba 3.x 系列双方のテクノロジを包含したものである。Samba 3.6 と比較し
た際の主要な機能強化は、Windows 2000 以降で利用されている Active
Directory ログオンプロトコルのサポートである。

注意点
======

Samba4 alpha16 は Samba の正式なリリースではない。我々は Samba 4.0 の
リリースに向けて着々と歩みを続けているが、これはプレビュー版である。本
リリースは、 Samba 3.6(これは既存の Samba 3.x 系列のアップグレード先
として順当な系列である)と以前は「samba4」として知られていた Active
Directory ドメインコントローラ実装双方のテクノロジが包含されている点に
着目してほしい。現在、これら両テクノロジ間での移行パスは提供されていな
い。移行パスの問題は、今後 Samba 4.0 リリースまでの開発の重点項目とな
るだろう。

本リリースでは、安定版のファイルサーバのバイナリが提供されているが、新
しい統合ビルドシステムがまだ安定途上であるため、堅牢なファイルサーバ、
Samba ドメイン、Active Directory ドメインのメンバサーバとしてインストー
ルを行う際には、Samba 3.x 系列を利用してほしい。

Samba4 に対しては、自動化を基本とした大変な量のテストが行われており、
非常に安定して動作することを確認している。しかしながら、現段階で商用サー
バを Samba 3.x 系列から Samba 4.0 alpha にアップグレードすることは推奨
しない。

Samba 4.0 アルファ版へのアップグレードや、開発、テスト、運用に向けた
動作確認を行う際には、設定とデータをすべてバックアップしておくこと。


新機能
======

Samba 4.0 alpha は、Windows 2000 以降で導入された Active Directory ロ
グオン機構のサーバとしての動作をサポートする。これにより、Windows 2000
以降のクライアントによるドメイン参加やドメインログオン処理を完全にサポー
トすることが可能となる。

ドメインコントローラ(DC)の実装には、独自の LDAP サーバと Kerberos
KDC(Key Distribution Center)が含まれる他、Samba3 と同様の CIFS によ
るログオン機構も提供される我々は、悪名高き Kerberos PAC も適切に生成し
た上で、発行する Kerberos チケットに含めている。

Samba 4.0 alpha には 2 つの異なるファイルサーバが同梱されている。Samba
3.x 系列由来のファイルサーバは「smbd」であり、この系列にあるべき他のバ
イナリ(nmbd/winbindd/smbpasswd)と共に動作する。

Samba 4.0 には新しいファイルサーバも同梱されているが、これは Active
Directory のドメインコントローラの要件に特化したものである。ドメインコ
ントローラに関連しない要件に「samba」バイナリのファイルサーバ機能を用
いるのは避けるべきである。

Samba 4 には新しいスクリプトインタフェースが追加された。Python により
Samba の内部にアクセスすることが可能となり、多くのツールとドメインコン
トローラの内部処理の多くが python で実装されている。


alpha15 からの変更点
====================

alpha15 からの変更点の一覧については、git のログを参照してほしい:

$ git clone git://git.samba.org/samba.git
$ cd samba.git
$ git log release-4-0-0alpha15..release-4-0-0alpha16

ユーザから確認できる最大の変更点は、Samba 3.x 系列からのバイナリがビル
ド、インストールされるようになったことである。これらのバイナリ
(smbd/nmbd/winbindd/net/testparmなど)は、Samba 3.6 系列の RC 版とほ
ぼ同様の挙動となっている。

変更点
======

smb.conf の変更点
-----------------

Parameter Name Description Default
-------------- ----------- -------
announce version Removed
announce as Removed

Samba 3 に詳しい技術者は、NEWS ファイルを参照することで、両テクノロジ
間でユーザが確認できる変更点の一覧を確認できるはずである。

既知の問題点
============

- 「samba」バイナリにおけるドメインメンバのサポートは、まだ実装途中で
あり、winbindd によるサポートと比較できる段階には達していない。その
ためメンバサーバにおいて、「samba」バイナリ(Active Directory のサー
バ機能を提供する)を使用しないこと。

- 「samba」バイナリでは印刷のサポートは行われていない(代わりにsmbdを
用いること)

- 「samba」バイナリでは NetBIOS のブラウジング機構のサポートは行われて
いない(代わりにnmbd/smbdを用いること)

- 時刻同期が必須である。「パスワードが間違っています(wrong password)」
エラーの多くが、実際のところ Kerberos がクライアントとサーバ間での時
刻のずれを検出したことによるものである(以前の alpha 版における NTP
関連の実装が、この問題の一部をサポートする)。

- DRS による複製は失敗する場合がある。DRS による複製に問題が発生した際
は、Samba Team に連絡してほしい。運用しているユーザからのフィードバッ
クに対応する中で、多くの問題を修正してきたためである。

- 既存のデータベースを Samba4 にアップグレードするユーザは、
upgrading-samba4.txt を熟読すること。このリリースでは多くの変更を行っ
たことで、将来的にアップグレードを簡易に行うことが可能となるはずであ
る。なお、ソースアーカイブの「setup」ディレクトリにある
「upgrade_from_s3」というスクリプトにより Samba3 から Samba4 への以
降を段階的に行うことも可能である。これは実験段階のものであり、バイナ
リでの配布物には含まれていない。


Samba 4.0 をドメインコントローラとして実行する
==============================================

Samba 4 を Active Directory のドメインコントローラとして実行する際の簡
易ガイドは Wiki で参照できる。

http://wiki.samba.org/index.php/Samba4/HOWTO

##########################
バグ報告と開発に関する議論
##########################

本リリースに関する議論は、samba-technical メーリングリストで行うか、
irc.freenode.net 上の #samba-technical IRC チャンネルで行ってほしい。

問題を報告した際には、詳細なフィードバックをお願いしたい。問題を解決す
るのに必要な情報が提供されなかった場合、そのフィードバックは無視される
ことになる。バグ報告の全ては、Bugzilla のデータベース
(https://bugzilla.samba.org/)の Samba 4.0 プロダクトにファイルされて
いる。

======================================================================
== Our Code, Our Bugs, Our Responsibility.
== The Samba Team
======================================================================


ダウンロードの詳細
==================

本リリースの tar アーカイブは以下から入手できる:
* http://download.samba.org/samba/ftp/samba4/samba-4.0.0alpha16.tar.gz

本リリースは Andrew の GPG キー 28B436Bb で署名されている

* http://download.samba.org/samba/ftp/samba4/samba-4.0.0alpha16.tar.asc

署名が正しいかを検証したい場合は、tar アーカイブの圧縮を展開した上で、
以下を実行すること:

$ gpg --verify samba-4.0.0alpha16.tar.asc

Happy testing!

The Samba team

---
TAKAHASHI Motonobu <monyo@xxxxx> / @damemonyo
http://damedame.monyo.com/ / http://facebook.com/monyot


投稿者 xml-rpc : 2011年6月26日 02:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104686
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。