2011年5月11日

[samba-jp:21412]sambaLMPassword属性はどの条件で更新されるのでしょう

もしもわかるようであれば教えてください。

samba+LDAP連係で、LDAP側に情報を持たせる場合、
samba 3.x 以降ではsambaLMPassword という属性を、
LANMANパスワード保存用に使います。

通常、Windows NT系のOSを使うのであれば、sambaNTPassword
にNTLMパスワードを保存し、LANMANパスワードは使わないはずです。


smbldap-tools使うと、smbldap-passwd等では両方に書いてしまい
ますが、ldapsam:editposix 等ではsambaNTPasswordしか使わない
です。pdbeditでも同様です。

この、sambaLMPasswordを使わない、という条件はどこで制御
しているのでしょうか。

client lanman auth = yes としてpasswordをsmbpasswdで更新
しても変わらないので、何か別の条件があるように思えるのです。

oota

投稿者 xml-rpc : 2011年5月11日 20:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103853
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。