2011年5月 3日

[samba-jp:21397]【震災関連】FaxOCRシステムのOSS化についてのご相談

宮原です。


以下のようなご相談をいただいたので、こちらのMLなら対象となる方が
多いかと思い転送いたします。


---

OSS関係の皆様、

WIDEプロジェクトの奥村と申します。はじめまして。現在、私は、国の
研究教育機関で、震災対応にあたる行政機関への情報技術面での支援を
行っております。

現在、震災から50日が経ちましたが、被災地支援において行政がボトル
ネックになる事態は少なくありません。たとえば、被災地域の病院にい
る患者を被災していない地域の病院に転送させたいと思っても、行政機
関の多くは、ファックスによる調査用紙を無数の病院に配布し、それを
手集計するしか手段がありません。そうすると、空床情報の集計だけで
何日も掛かり、集まった時点で情報は古くなり、効率的な対策に生かす
ことが出来ません。

そこで、行政が効率的に多数の組織から情報を集約できるようにFaxを
自動的にOCR処理しDBに入力するシステムをオープンソースにて開発し
たいと考えています。実は既にプロトタイプは完成しており、今後、
オープンソース化を行い完成度をあげていこうと準備を進めていた最中
に今回の震災が起こってしまいました。そこで、可能であれば、日本の
OSSコミュニティの方々のお力をお借りすることで、できるだけ早くに
実用化を行い、被災地の支援に役立てて行けないかと考えています。

具体的な作業は下記のプロジェクト暫定サイトに常時整理を進めてい
きますが、現在、ユーザーインターフェースを改善したり、マニュア
ルを充実させたり、大規模なテスト利用を行ったり、といった作業が
必要となっています。また、Fax OCRシステムで集めた情報は、バッ
クエンドのMySQLからGoogle Appsにフィードしたうえで、必要な可
視化や地図へのマッピング等も行って行ければと考えており、そうし
た開発作業をお手伝いして下さる方々も探しております。

http://sites.google.com/site/faxocr2010/home

連絡先としましては、taka at wide.ad.jp宛でお願い致します。万一
お返事が遅い際には、Twitter上で@tweeting_drtaka宛にご一報を頂け
れば幸いです。

どうか宜しくお願い申し上げます。


WIDEプロジェクト
Medical Crisisワーキンググループ チェア
奥村 貴史


---
合言葉は「幸せになろう」

株式会社びぎねっと http://Begi.net)
代表取締役社長兼CEO
宮原 徹(tmiyahar@xxxxx)

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-10 ニューハイツ青山 10F
TEL:03-5774-9461 FAX:03-5774-9462
携帯:080-4197-0192 (iPhone)

#美味しい珈琲をお淹れしております。是非一度ご賞味にお越し下さい。

投稿者 xml-rpc : 2011年5月 3日 09:29
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103565
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。