2011年4月13日

[samba-jp:21380] Re:MacOSXServer10.5.8(PPC)とWinodws7

井上です。

井上さんsmb.confの設定例どうもありがとうございます。一つ一つ検討してみま
す。

Haruhiko InoueさんがTue, 12 Apr 2011 21:41:17 +0900に
「[samba-jp:21379] Re: MacOSXServer10.5.8(PPC)とWinodws7」の件で:
> 井上さん、

> わたしも井上と申します。
>
> 同様の環境で接続できていますのでお知らせします。
> http://simesaba.aa0.netvolante.jp/uplo/uploads/1302546212.png
> Virtual PC上のWindows7からIP直打ちでVPN先の会社OSXServerを見ています。
>
> /etc/smb.confは
> OSX Serverの管理ツールは使わないルールにしています。
> Windows7がつながらなくて書き換えたわけではないので、参考になるかわかりま
> せんが、
> とりあえずいまWindows7つながったsmb.confです。
> とんでもないconfですので参考にだけしてください。
>
> [global]
> debug pid = yes
> log level = 1
> server string = Mac OS X
> change notify = no
> dos filemode = yes
> wins support = yes
> socket options = TCP_NODELAY
> map archive = no
> map system = no
> map hidden = no
> printcap name = cups
> printing = cups
> load printers = No
> encrypt passwords = yes
> use spnego = yes
> passdb backend = odsam
> hide dot files = no
> idmap domains = default
> idmap config default: default = yes
> idmap config default: backend = odsam
> idmap alloc backend = odsam
> idmap negative cache time = 5
>
> map to guest = Bad User
> guest account = nobody
>
> unix charset = UTF-8-MAC
> display charset = UTF-8-MAC
> dos charset = CP932
>
> ; vfs objects = darwinacl,
> vfs objects = darwin_streams,streams_tdb
> vfs objects = recycle
> recycle:repository = /Volumes/data/others/recycle
> recycle:keeptree = no
> recycle:versions = yes
> recycle:touch = no
> recycle:maxsize = 0
>
> ※ゴミ箱を/Volumes/data/others/recycleに設置しています。
> このままほっとくとえらいことになるので、
> cronで夜中の定時にディレクトリごとrmしてmkdirしています。
>
> FilemakerServerを社内で使用しているので便宜上OSXServerを
> ファイルサーバーにしていますが、
> ACLの関係が面倒で最初とても苦労しました。
> システムボリューム以外の各ボリュームはACLをOFF
> (sudo /usr/sbin/fsaclctl -p パス -d)にしています。
>
> OSX Server10.5.xをファイルサーバーに利用するメリットは
> AFPのサポートぐらいなので普段はCentOSで組んでいます。
--
https://www.ns.tcu.ac.jp/%7einoue/Signature/ 井上
.


投稿者 xml-rpc : 2011年4月13日 01:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103108
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。