2011年1月17日

[samba-jp:21296] Re:SAMBAのバージョンについて

On Sun, Jan 16, 2011 at 09:23:08PM +0900, KAWASUMI Junji wrote:

> これも分かるのですが、バージョンアップした際の影響とか下調べ
> 等のオーバヘッド(そんなには無いと思いますが)があったり、今
> までサクサク動作していた機能が、マッタリしたりするリスクが伴
> うわけですよね。
>
> リポジトリのソース差分から見当をつけて自力で何とかしてしまえ

> ば良いのですが、何せリポジトリの分岐点が多いのが一層解決方法
> を難しくしている気がしていて。。

うーん、
バージョンアップの概要については、リリースメモであたり付けるしか
ないですね。
差分といっても、広範囲に修正がかかっているので、ソースレベルで
調査するのはなかなか難しいですね。

やはり、評価環境で評価して、状況を見ていくしかないと思います。
それに、Sambaは、たまたまソースが閲覧できるから、ソースレベルで
差分を確認できますが、商用ソフトなどの場合には、それは無理です。
そのようなソフトをバージョンアップする時には、評価環境で評価
するしかないわけですから。

> 開発上の都合も察するに大変なのも分かりますけど、かえってブラ
> ンチポイントが増えてマージの手間暇を考えると大変なんだろうな
> って開発者視点から視ると凄い事をやっているなと思ってみたりし
> て、だからこそ二世代縛りをしているんだなぁって考えちゃいます。

開発リソースも無限ではないので、2世代くらいまでしかメンテナンス
出来ない、というのが実際の所だと思います。

それ以外の、古いバージョン等については、有償で対応するベンダーに
お願いする、という棲み分けをしているのでしょう。

> 私はBSD系OS上でportsの恩恵を与っていますが、どうしても後追い
> になっちゃいます。

FreeBSDですけど、portsは3.4系列と3.5系列だけになりましたね。
で、filesの所を見たのですが、それなりにパッチが当たってますねえ。
本来だったら本家吸収になるべきなのでしょうけど。

oota


投稿者 xml-rpc : 2011年1月17日 13:50
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101359
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。