2011年1月16日

[samba-jp:21294] Re:BDCとPDCとの同期について

ええ、PDCには2GBBYTEしか積んでなくて、BDCは4GBYTEあるという訳でヘルプが必要かなと。
SWAPはギリギリで発生してないのですが、もうこれ以上無理かもしれません。

PDCのメモリ増設は考えるとして、この状況で、BDCはログインを代わりにやってくれるのでしょうか?

認証は成功しますが、120台以上のユーザアクセスを受け付けない状況です。

BDCがただ代わりにユーザの受け入れ口になってくれればとりあえず、今ワークグループにいる端末をドメイン加入させられます。


2011年1月16日日曜日 gwmaster ribbon@xxxxx:
> On Sun, Jan 16, 2011 at 05:17:08PM +0900, Shintaro Fujiwara wrote:
>
>
>> 250台までにしておけ、というのは、そう書いてある記述を発見したので、ldapにしたほうがいいのはわかっているのですが、まだ実験でも成功していませんし、せっかくtdbsamで途中までうまく行っているのにもったいない感じなので、ldapを研究するとともに、tdbsamも追及してみたいのです。
>> 実は、プロセスが一杯立ち上がっていて、メモリがきつくなっている感じです。だから不安定なのかなかなとも思います。
>
> http://www.samba.gr.jp/project/translation/Samba3-HOWTO/passdb.html
>
> によると、tdbは250未満、と書いてありますねえ。ここかな。
>
> Sambaは接続している1ユーザ(クライアント)毎に1プロセスが起動します。
> ですから、100ユーザつなぐと100プロセスが起動します。1プロセスあたり
> 最低でも数M使いますから(topとかpsで確認してね)、100ユーザだとすれば、
> G単位のメモリは必要と思われます。
>
> メモリが足らなくて、swapとかが発生しているとかはないでしょうか。
>
> oota
>

--
http://intrajp.no-ip.com/ Home Page

投稿者 xml-rpc : 2011年1月16日 21:47
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101357
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。