2010年12月17日

[samba-jp:21237]OS の違いによる samba の動作の違い

お世話になります
まだらいし@ひろてっくです。

どうも腑に落ちない状況なのでポストします。

Active Directory のメンバーサーバーとして設定しています。
2008 R2 にバージョンアップしたため、不具合が起きたので、

samba のバージョンを 3.5.6 に上げました。

その結果 Turbolinux Server 10 (TLS10) と CentOS 4.8/5.5 で動きが違うのです

前から TLS10 は 3.2 系に上げると同じ状況で挙動が変なので、3.0.37 で止めて
いました。
認証を聞いてきて共有をアクセスできないとかの問題が出ていました。

色々調べている内に判ったのが、
ユーザー、グループにドメイン指定が要るかどうかの違いが有りました。

CentOS では、3.0.37 と同じ指定
valid users = +DOMAIN\group

TLS10 では、その設定が受け付けなくなって
valid users = +group

こうすればアクセス制限を使えて、安定している様に思います。

CentOS はドメイン指定を外しても大丈夫みたいです。

winbind 周りの設定はどちらも同じで、AD に参加できています。
wbinfo -t/-u/-g は問題なく AD から引けています。

関係有りそうなところ
winbind use default domain = Yes
winbind enum users = Yes
winbind enum groups = Yes
winbind normalize names = Yes

もしかして、3.0.37 -> 3.5.6 の間に何か仕様変更が有ったのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたら、
よろしくお願いします。

投稿者 xml-rpc : 2010年12月17日 11:56
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100750
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。