2010年12月13日

[samba-jp:21229]ローカルログオンプロファイルをドメイン移行後使う

矢野です。

たった2台でドメインというのもどうかと思いますが、自宅のSamba環境をドメイ
ン構成にしました。
OS=Debian Squeeze
Samba=3.5.6、Debianのバイナリ
PDC=スタンドアロン(?)で、LDAPなし

その際、以下の構成を取り、今までのローカルプロファイルをドメイン移行後も
使うことが出来ましたが、プロファイル内の情報が部分的に壊れる問題があり、
あまりお勧めできません。

プロファイルはサーバ側には一切置かない
[netlogon]も[profiles]もなし、logon path =
ドメインのIDはローカルグループAdministratorsに入れておく。
移行後にローカルログオンしてレジストリをいじり、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\
ProfileList\にあるドメインのIDに対応するSIDのProfileImagePathのエントリを
ローカルで使っていたパスに置き換える

問題点
Windows Live Meshの構成情報が壊れた⇒Windows Live Meshを再インストール・
再構成で対応
Xmarks for IEのログオン情報が壊れた⇒IDとパスワードの再入力で大丈夫そうだ
が…

しかし、自作のソフトでパスワードをWindowsのAPIで暗号化して保存しているの
は大丈夫だった…

矢野崇


投稿者 xml-rpc : 2010年12月13日 06:52
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100725
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。