2010年12月11日

[samba-jp:21223] Re:inherit acl/owner の動作について

たかはしもとのぶです。

2010年12月10日15:49 gwmaster <ribbon@xxxxx>:
> 太田です。
>
> Samba には inherit acl/inherit ownerというパラメータがあります。
> 一部バグっているものもあるみたいなんですが、
> (sambaのバグジラ #7638、6507)その動作について、ちょっと確認です。

>
> inherit acl = yes の場合
>
> ディレクトリに設定されているACLは、そこに新たなディレクトリを
> 作成すると継承される。しかし、通常のアクセス許可(rwxなもの)は
> ACLじゃないので継承対象外。
> であってますよね。

わたしが検証した限り、ディレクトリの default ACLは本パラメータに
かかわらず、常に継承されます。

本パラメータは、ディレクトリの default ACL を、新しく作成するファイルや
ディレクトリのパーミッションに反映するかどうかの制御だと考えています。

マニュアルページに書いてあるとおりです。

http://damedame.monyo.com/?date=20100901#p02

に、検証した結果も記載しました。

> inherit owner = yesの場合
>
> ディレクトリに設定されている所有者は継承するけれど、グループは
> 継承されない。

だと思います。

---
TAKAHASHI Motonobu <monyo@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2010年12月11日 00:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/100659
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。