2010年11月15日

[samba-jp:21200]シンクライアントをSambaドメインに対応させました

こんにちは、OSSTech 小田切です。

本日 以下のようなプレスリリースを出させて頂きました。

http://www.osstech.co.jp/pr/2010-11-15

・単一のWindowsクライアント・マスターイメージ(Sambaドメインへ参加させて
おく)を複数のクライアントへコンピュータ名を変更しながら配信しても、あら

かじめマシンアカウントを作成しておけるので、各マシンのドメインの参加作業
はしなくても良い

というソリューションです。

さらにWindows7の場合、レジストリの変更はマスターイメージだけ、やっておけ
ば良いので
各マシンで行う必要がない、という利点もあります。

=========================================================
「Phantosys(ファンタシー)」がSambaドメインに対応して
シンクライアントの導入コストを大幅削減。

〜オープンソース・ソリューション・テクノロジと
ワッセイ・ソフトウェア・テクノロジーがシンクライアントソリューション
で協業〜
=========================================================
 従来のネットワークブート方式では、Windows クライアントが利用できる
ドメイン環境Windows Active Directory のみとなり、Linux 環境では様々な制限
が存在するため、Linuxを使ったドメイン環境での運用の障害となっていました。
今回の両社の協業によって、「Phantosys」の環境であればSamba ドメインへ
スムーズに参加できるようになり、Active Directory と同等の環境を提供できる
ようになりました。そのため、WindowsクライアントをSambaドメインへの参加
させるための作業が軽減され、ネットワークブート方式の利点をSambaドメイン
でも最大限に利用できます。

 Samba ドメインは官公庁や自治体、大学、研究機関などで多く導入されており、
これらの組織ではSamba対応がシンクライアントOS への強い要望となって
いました。今回「Phantosys」がSamba に対応したことで、既存Samba ドメインを
利用してセキュアなWindowsシンクライアント環境の導入コストを大幅に抑える
ことが可能になります。今後は自治体/官公庁/大学/教育機関をはじめとする
広範な市場でのシンクライアント活用がさらに進むことが期待されます。

----
小田切 耕司 : odagiri@xxxxx http://www.osstech.co.jp/
オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社

PGP : http://pgp.nic.ad.jp/pks/lookup?op=vindex&search=0xF8217F12
Finger Print: C849 B528 D6A7 93D2 EE64 4AA7 FFB2 BD1C F821 7F12

OpenAMエンジニア募集中! http://www.osstech.co.jp/company/recruit

http://blog.odagiri.org/
odagiri@xxxxx 日本LDAPユーザ会 http://www.ldap.jp/
odagiri@xxxxx 日本Sambaユーザ会 http://www.samba.gr.jp/
odagiri@xxxxx 日本Webminユーザ会 http://jp.webmin.com/

投稿者 xml-rpc : 2010年11月15日 13:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99946
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。