2010年9月 5日

[samba-jp:21162] Re:windows共有につきまして

玉村さん今晩は、私もこのメーリングリストでは超初心者の山中です。
まず講習会の件ですが、8/9にOSC名古屋で講習会がありました私もOSCを知ってSamba
の講習については1年待ちましたのでお急ぎで尚且つ予算があればOSC東京も参加して
損はないと思います。
私も予定がなければ参加したいぐらいです。
講師の高橋さんお世話になりましたもっとお話したかったのですが残念!
懇親会捜したのですが‥‥
直に開発技術者の先生方から直に聞けるチャンスはそうないと思います。

その時のタイムテーブルはこちら
http://www.ospn.jp/osc2010-nagoya/modules/eventrsv/?id=2&noform=1
私もLinuxをはじめて玉村さんのようにいきずまりました。
そのときに役に立ったのが。
http://www.psg.jp/samba_server.html

http://www.samba.gr.jp/doc/diag.html
だったと思います。
1度Smaba.confを基本に戻って設定してみたら如何でしょうか?

<玉村さんは書きました
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
- - - - - - - - - -
> Windows共有がうまくいきません。教えてくださる方がいらっしゃいましたらよ
> ろしくお願いします。
> 症状
> Windows(xp pro sp3)のネットワークコンピュータ画面ではSambaサーバ
> 及びその下で管理するディレクトリは
> 見えています。そしてxpでこのディレクトリを開こうとするとパスワードを聞か
> れ、LINUX(fedora13)とxpで共通の
> ユーザ・パスワードを設定しているパスワードを入力しても開くことが出来ない
> というものです。
>
> 自分なりの問題部分の想像
> まず認証の仕組みを理解していない。
> LINUXのディレクトリのパーミッションの設定がおかしい
> などのようなことではないかなと思っていますが、なにせ素人でLINUX初心者で
> ございますので
> 全く見当違いかもしれません。 どうかよろしくお願いします。
>
> 設定状況
> linux及びxp双方からPingは正常に通ります。
> ファイアウォールの設定は
>
> linux側ポートは53番が次の通りです。
> 許可 もし プロトコルが TCP である 且つ 宛先ポートが 53 である 且つ 接続
> の状態が NEW である
> 許可 もし プロトコルが UDP である 且つ 宛先ポートが 53 である 且つ 接続
> の状態が NEW である
> また
>
> Samba.Confは次のようになっています。
>
> #======================= Global Settings
> =====================================
>
> [global]
> log file = /var/log/samba/log.%m
> netbios name = cyber1
> load printers = yes
> cups options = raw
> path = /home/user01
> default = home
> unix password sync = yes
> workgroup = workgroup
> os level = 20
> comment = 12
> winbind trusted domains only = yes
> security = share
> passdb backend = tdbsam
> max log size = 50
> #============================ Share Definitions
> ==============================
> [home]
> comment = Home Directories
> browseable = no
> writeable = yes
> valid users = %S,user01,user02,seido,@root
> path = /home
> ; valid users = MYDOMAIN\%S
>
> [printers]
> comment = All Printers
> path = /var/spool/samba
> browseable = no
> guest ok = no
> writable = no
> printable = yes
>
>
> #任意に作ったディレクトリ設定です
>
> [httpCgi]
> valid users = seido,@root
> writeable = yes
> path = /var/www/cgi-bin
>
> [httperr]
> guest account = user01
> valid users = seido,@root
> writeable = yes
> path = /var/www/error
>
> [HttpRoot]
> valid users = seido,@root
> only user = yes
> path = /home
>
> [asc]
> writeable = yes
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
- - - - - - - - - -
ご参考になれば幸いです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
プラスワンやまなか
           山中誠司
電話   0593-21-3215
Mailto :nitakaya@xxxxx
URL : http://www.cty-net.ne.jp/~nitakaya
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆>


投稿者 xml-rpc : 2010年9月 5日 21:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/98151
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。