2010年8月27日

[samba-jp:21147] Re:SAMBA+LDAP環境でのUsrmgrの機能制限に付いて

緑川さん

ありがとうございます。

' から " の変更を行っても状況変わりませんでした。


あれからログの確認等を行ないまして、少し状況が分かってきた様な気がします。


Usrmgr.exeからの大量のログを根気よく整理した所、ユーザープロパティー内の
グループボタンを押した所で、ユーザーが所属するグループを探しに行くようで
して、更に失敗しています。

SAMBAのログは下記のような形です。
[2010/08/27 02:30:27, 2] passdb/pdb_ldap.c:2434(init_group_from_ldap)
init_group_from_ldap: Entry found for group: 1003
[2010/08/27 02:30:27, 2] passdb/pdb_ldap.c:2434(init_group_from_ldap)
init_group_from_ldap: Entry found for group: 1007
[2010/08/27 02:30:27, 2] passdb/pdb_ldap.c:2434(init_group_from_ldap)
init_group_from_ldap: Entry found for group: 1021

1003 1007 1021 は確かにユーザープロパティを開いているユーザーが所属して
いるグループのIDです。


ユーザーやグループを検索する機能はsmbldap-toolsの機能では無いので、
SAMBAもしくはLDAPの設定の問題のようです。

もう少しログレベルを上げて調査を続けて見ます。


投稿者 xml-rpc : 2010年8月27日 20:51
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97998
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。