2010年8月25日

[samba-jp:21140] Re:ユーザホーム機能の利用方法について(ご相談)

OSSTech 小田切です。

> 以下のようにしてみたがうまく動作しませんでした。
>  オペレーティングシステムRedhat Linux 7.3
>  Samba Version:3.0.23b

なぜにこんなサポートの終わってしまった古いOSとSambaを使っているのでしょう?

高橋さんのいう通りOSのACL機能を使って実現すべきでしょう。

> [homes]
> comment = Home Directories
> valid users = %G (普段は%Sを設定し個人用としています)
>            (これをグループで許可する事で実現しようとした
> が・・・)

上記の設定は、まったく無意味ですね。
valid users は削除しましょう。

OSはCentOS5.5かUbuntu10.4あたりを使ってACLを有効にして、
Samba3.2以降でやりましょう。(できれば3.5)

アクセス制限はすべてOSのACL設定が良いと思います。
(Sambaでの制限設定は不要)

--
小田切 耕司 : odagiri@xxxxx http://www.osstech.co.jp/
オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社

PGP : http://pgp.nic.ad.jp/pks/lookup?op=vindex&search=0xF8217F12
Finger Print: C849 B528 D6A7 93D2 EE64 4AA7 FFB2 BD1C F821 7F12

OSSエンジニア募集中! http://www.osstech.co.jp/company/recruit

http://blog.odagiri.org/
odagiri@xxxxx 日本LDAPユーザ会 http://www.ldap.jp/
odagiri@xxxxx 日本Sambaユーザ会 http://www.samba.gr.jp/
odagiri@xxxxx 日本Webminユーザ会 http://jp.webmin.com/


投稿者 xml-rpc : 2010年8月25日 08:59
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/97990
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。