2009年11月20日

[samba-jp:20909] Re:re-exportについて

Isilon 米倉です。

>GlusterFSは、NFSと同じようなイメージなのでなんとなく予想はできたのですが、

商用Cluster File Systemの雄(?)として一応コメントしておきますと、
ネットワークでクラスタを構成するファイルシステムが遅い、
という話ではありません。ファイルシステムの出来と性質の問題です。

たとえばIsilonは今はInfiniband接続でノード同士をつないでいますが、
昔は1Gbps Ethernetでノード間接続をしていたものもありました。
それでも、CIFS(sambaベースでCluster File System向けに
Modifyしたもの)でこのMLの議論のレベルでいうと十分高速でしたよ。

ロックについては

>1つ目のsmb.confの posix locking = no は、その制御をGlusterFSに任せる
>という意味で理解できた気がします。

こちらはあたらずしも遠からず、という感じで、

> sambaでアクセスしたときにファイルロックを行わない

こちらは明確に間違いですね。

>posix locking = no だと、Samba が CIFS クライアントから受けた
>ロック要求は POSIX ロックに反映されない (ロック情報は Samba に閉じている)
>ので、「その制御をGlusterFS に任せる」ことは不可能です。

Isilonを例に出すと、ファイルシステム側で
SambaでもNFSでも統一的なロック機構を提供していて、
samba側はposix locking = noにして、直接ファイルシステムの
ロックを獲得し、他のプロトコルから透過的に
ロックがかかるようにファイルシステム側でハンドルしています。
Gluster FSがそこまでやっているとは思えませんが、
世の中にはそういうものもあるよ、ということで。


--
Takafumi Yonekura | Senior Field Sales Engineer
Isilon Systems K.K.
Phone 03-5358-7188 Fax 03-5333-4443
http://www.isilon.com
takafumi.yonekura@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2009年11月20日 10:54
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/90663
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。