2009年9月 4日

[samba-jp:20830] Re:SambaのPANIC時の調査方法について

太田@NECです。

2年前のメールにフォローするのも何なのですが、覚え書きと言うことで。

On Mon, Oct 01, 2007 at 03:26:32PM +0900, Yasuma Takeda wrote:

>
> これは多分CentOSのデフォルトでcore dumpsizeが0になっているため

> coreファイルが生成されていないだけだと思います。
>
> # ulimit -c で0が表示されると思います。
> # ulimit -c unlimited をした端末から、smbdを起動すれば
> コアファイルを生成できると思います。

これだけでは駄目で、

http://kbase.redhat.com/faq/docs/DOC-15049 (RHEL4でのコアのダンプ方法を教えて下さい)

にあるように、kernel パラメータの設定変更、起動スクリプト
の修正が必要でした。

--
太田 俊哉@NEC OSS開本 OSS推進センター (芝.港.東京)
(samba-jp/ldap-jp Staff,mutt-j/samba-jp postmaster)


投稿者 xml-rpc : 2009年9月 4日 09:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88275
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。