2009年7月14日

[samba-jp:20752] Re:NFS でマウントしているユーザのホームディレクトリを CIFS で置き換えたい

安達です。
まだ十分に理解していない者ですが、
まったく反応がないのも…と考えて書きます。
Linux-LinuxでCIFSを使ってマウントするというと
なぜNFSを使わないのと言われますね。
阿部さんもなぜそうしたいのかを書けば誰か何か言ってくれるかも知れません。
ちなみに私はユーザー認証を入れたくて実際に使っています。
NFSではIPアドレスでのホストの認証しかないので。

でもNFSv4が動けばユーザー認証ができるようですので、
できるようになったらこちらに移行しようとしています。
CIFSのマウントではパーミッションでいろいろやっかいなことがあります。
また、1年ほど前はsmb://....では普通にファイルを開けない
ソフトウェアもありました。
> 現在、Linux 上のユーザのホームディレクトリをNFS でマウントしています。
> これを CIFS で置き換えたいと考えています。
> 例えばクライアント側の /etc/fatab に以下のように書いた場合、/home に新規
> に作成されるファイルは sabe の uid/gid が設定されると思います。
>
> //fileserver/userhome /home cifs user=sabe,password=12345 0 0
>
> これをファイルを作成したユーザの uid/gid が設定されるようにする事は可能
> でしょうか?
/etc/fstabですね。こにパスワードを書くのはお勧めしませんが
ldapでuid/gidが渡されるなら大丈夫でしょう

> そもそもユーザのホームディレクトリを CIFS でマウントする場合、このアプ
> ローチで合っているのでしょうか?
ユーザーが何人いるのかなどの条件によりますね。
私のところはユーザーが500人ぐらいいるので/etc/fstabは無理です。
ldapで認証し
pam_mountで/sbin/mount.cifs を使ってマウントしています。

サーバは Debian sarge, クライアントは Debian Lenny です。
> 制約としてはクライアント側では smbd を動かせません。
これは当然必要ないでしょう

> uid/gid の情報は LDAP で共有しています。
これは多分必須

> サーバ側 smb.conf に以下を追加。
> [userhome]
> comment = User's home directory
> path = /path/to/home
> browseable = yes
> writable = yes
たぶんこの部分を見て何をしたいのか予想が付かなくなって
助言ができなくなっているのだと思います。
うちでは、普通の[home]を利用してうまく動いています。
うまくといっても、いろいろ面倒もあります。
NFSv4にできないかな。


--
 安達 順一
adachi@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2009年7月14日 21:11
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86702
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。