2009年3月24日

[samba-jp:20633] Re:共有への書込表記について

宮本です。何時もお世話になります。

情報共有が出来ていなくて同じ様な質問が届きまして
大変失礼致しました。

ご指摘の通り
fstabで
//192.168.1.11/pub /pub cifs username=***,password=***,rw,file_mode=0760,dir_mode=0770 1 3

と設定しております。

小田切様が申しされております
> DFSリンクを張るかdfs proxyを使うべきです。
> (ちゃんとドメイン構成にしているか不明ですが)
ドメイン構成を取っておりません。

> mount.cifsした場所をSambaでさらに共有するのはおかしいですね。
とご教示頂きましたが、他に手法はあるのでしょうか?

お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

ODAGIRI Koji wrote:
> オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
> 小田切です。
>
> > mount はどのようにして行なっているのでしょうか。NFS ではなく、例えば
> > CIFS で mount -t cifs のようにマウントしているのであれば、上記はおそら
> > く正常な挙動だと思います。
>
> その通りです。
>
> [samba-jp:20629] 共有への書込表記について。:西浦さん
> [samba-jp:20627] 共有デイレクトリィの作成について。:宮本さん
>
> この2つは同じプロジェクトの方なのでしょうか?
> (情報共有されていない別会社?)
> 設定ファイルがそっくりですね。
> (Subjectに「 。」 を入れちゃう所も)
>
> mount.cifsした場所をSambaでさらに共有するのはおかしいですね。
>
> DFSリンクを張るかdfs proxyを使うべきです。
> (ちゃんとドメイン構成にしているか不明ですが)
>
> --
> 小田切 耕司 : odagiri@osstech.co.jp http://www.osstech.co.jp/
> オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
> PGP : http://pgp.nic.ad.jp/pks/lookup?op=vindex&search=0xF8217F12
> Finger Print: C849 B528 D6A7 93D2 EE64 4AA7 FFB2 BD1C F821 7F12
>
> OSSエンジニア募集中! http://www.osstech.co.jp/company/recruit
>
>
> http://blog.odagiri.org/
> odagiri@ldap-jp.org 日本LDAPユーザ会 http://www.ldap.jp/
> odagiri@samba.gr.jp 日本Sambaユーザ会 http://www.samba.gr.jp/
> odagiri@jp.webmin.com 日本Webminユーザ会 http://jp.webmin.com/
>


投稿者 xml-rpc : 2009年3月24日 09:55
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/83679
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。