2009年3月 8日

[samba-jp:20607] Re:samba による AD への参加拒否について

田中です。
返信ありがとうございます。

> ※ Windows
> マシンのドメイン参加は一般ユーザでできますか。
こちらは確認させていただきます。

> > ・sambaでWindowsサーバの共有フォルダにアクセス(マウ

ント)
> > したい
> > ということです。
> Sambaにはこんな機能はありません。
> (DFSとしてリダイレクトする機能はありますが)
> mount.cifs(mount.smbfsはもう古いです)の方を調べてく
ださい。
> mount.cifsを使うだけならADの管理者権限はいらず、
> 一般ユーザ権限で十分ですが....
>
> pam_winbindを使うにはやはりnet ads joinが必要です。
最終的にやりたいことは、「mount -t cifs //windowsサーバ/
〜」となります。
この時に、windowsサーバがADに参加しており、AD外の端末か
らのアクセスを受け付けない場合には、Linux端末を「net ads
〜」でADに参加させる必要があると考えていました。
「mount -t cifs -o username= 〜」を試してみたのですが、
失敗しました。
設定等があっていればそれでマウントできるということでしょ
うか?

> > これは、AD一般ユーザかつLinuxユーザとなります。
> > 両方に登録してあります。
> > ADの管理者ではありません。
> ADを管理している方にあなたのやろうとしていることを話し

> 会社的に問題ないかちゃんと確認をとりましょう。
こちらの確認はとれております。

よろしくお願いいたします。


投稿者 xml-rpc : 2009年3月 8日 00:54
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/82992
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。