2008年4月14日

[samba-jp:20163] Re:既存NTドメインの移行によるWindowsプロファイルの再作成について

nitです。お世話になっております。

竹内 @ OSSTech様、素早い返信ありがとうございます。

> pdbedit -aが何をするか考えたほうが良いような気がします。

管理データベースが

passdb backend=tdbsam

なんかの場合に利用するコマンドで、かつunixアカウントが存在しないと失敗す
るコマンドなんですね。LDAPをバックエンドデータベースとして使う場合には利
用しないほうがいいと。。pdbedit とsmbldap-toolsとの併用は難しいとの情報
があったので、pdbeditでユーザーを作成しないようにします。


> testuserというUNIXアカウントは存在してませんよね?

smbldap-useradd を実行したあとも存在しておりませんでした。
ためしに

# useradd testuser
# pdbedit -a -u testuser

と、UNIXユーザーを作成したあと実行したところ、コマンドとしては成功しまし
た。LDAPブラウザで見たらの中には10個くらいのエントリ(smbldap-useraddで追
加したユーザーはobjectClassなどを含む30数個のエントリ)しかなく、
smbldap-usershowで見たところ、

# smbldap-usershow testuser
user testuser doesn't exist

存在しない、と言われました。smbldap-toolsとは別物と考えたほうがいいんで
すね。(中途半端にLDAP-DBに書き込むのがややこしい・・・)


--
Jun Nitoh <sys_nit@xxxxx>

--------------------------------------
GANBARE! NIPPON! Win your ticket to Olympic Games 2008.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ganbare-nippon/

投稿者 xml-rpc : 2008年4月14日 16:02
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/72095
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。