2008年2月22日

[samba-jp:20054] Re:samba-3.0.28でwinbindが起動できない。

お世話になります。関谷です。

> yum update しても直らないのなら
> Fedora8かCentOS5.1を入れ直した方がいいと思います。

> - 開発者のミス: sambaのrpmのパッケージのspecファイルに書いてある依存関係が
> 間違っている
> - 利用者のミス: 依存関係エラーを無視してsambaのrpmをインストールした

> かのどちらかじゃないかと思います。

> 依存関係が正しく書いてないのなら、RPMの作成者のミスだと思います。
> 依存関係が正しく書いてあって、依存関係エラーを無視して強制インストールしたのなら、
> 利用者のミスだと思います。
> とりあえずそのsambaのRPMをそのまま使って問題を回避するなら、krb5-libsのバージョンを
> 1.6.1以降にバージョンアップするといいと思います。

まずは、再インストールのとき、yum updateを忘れていましたので、
update実行し、krb5-libsは以下のようにバージョンアップされました。

krb5-libs-1.6.1-6.fc7

この状態で、winbindの起動、および net ads joinの実行を試みましたが、
結果、前述のsmb.confでwinbinddが起動できないという状態は変わりませんでした。
エラーも同様です。

しかし、net ads joinの結果には変化がありました。
インストールがうまくいっていなかった状況は回避できたようです。
(sambaのインストール時(yum)には、特にエラーはなかったと思うのですが・・・)


◆net ads join -U administrator の実行結果。
Kinit failed: Client not found in Kerberos database
Failed to join domain: Improperly formed account name


念のためsambaを再インストールしてもみましたが状態が変わらないので、
一旦OSから再インストールしてみたいと思います。
(これでダメならFedora8に変えてしまいます・・・)

投稿者 xml-rpc : 2008年2月22日 15:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/70209
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。