2006年4月12日

[samba-jp:18580] Re: 読込専用のはずなのに削除できてしまうことについて

太田@NEC です。

On Wed, Apr 12, 2006 at 05:57:39PM +0900, f.gouda wrote:
>
> Debian上のディレクトリ/home/SHARES/GIKEN1は
> root:rootでパーミションは777です。

そりゃ無理だわ。


ディレクトリのアクセス権が 777 ということは、全てのユーザに対して
そのディレクトリに対する変更(作成、削除含む)を許可するということ
になりますから。

> そこにSAMBA経由でアクセスして、userAがフォルダやファイルを作ります。

としても、最終的にはOSのアクセス権制御が効いてしまいますので、
誰でもファイルが作れて、消せる、と言うことになってしまいます。

> userAは@user1aグループに所属しています。@user1aがuserAのプライマリグルー
> プです。
>
> 何かよい方法がありませんでしょうか。
>
> Debian上で確認すると、ディレクトリなら750、ファイルなら740に設定されてい
> ます。

これでいいんじゃないでしょうか。

--
太田 俊哉@NEC OSS推進センター 基盤システム開発G(芝.港.東京.日本.地球)
(samba-jp Staff/postmaster,mutt-j/faqomatic admin,analog-jp postmaster)

投稿者 xml-rpc : 2006年4月12日 18:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34769
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。