2012年5月16日

[ruby-list:48761] Re: gem install pg で、PQconnectionUsedPassword チェックが no となる

篠田です。

なかださん、ご教示ありがとうございます。

2012年5月15日 22:51 Nobuyoshi Nakada <nobu@xxxxx>:
>> # cat /vol1/usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/pg-0.13.2/ext/mkmf.log
>
> パスが違うようですが、symlinkが張ってあるということでしょうか。

> /usr/localと/vol1/usr/localは同じと仮定しますが、いずれにしても最初のメー
> ルにあった設定とは一致していないように見えます。
>
> (12/05/15 7:28), SHINODA Masanori wrote in [ruby-list:48746]:
>> root でも、PGLIB 等のセットは行っております。
>>
>> POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
>> PGLIB=/usr/local/pgsql/lib
>> PGDATA=/usr/local/pgsql/data
>> LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/pgsql/lib
>
> mkmf.logを見る限り、実行しているコマンド自体はおかしなところはなさそう
> ですが、やはりPQconnectionUsedPasswordが見つかっていないようです。
> /usr/local/libにあるlibpq.soが正しいものかどうか確認してみてください。

すみません。
/usr/local に、/vol1/usr/local のシンボリックリンクを張っていることを書き
忘れておりました。

確かにご指摘のとおり、

/vol1/usr/local/lib/libpq.so
/vol1/usr/local/pgsql/lib/libpq.so

の2つのlibpq.soが存在していました。
日付から見ると、/vol1/usr/local/lib/libpq.so は 2年前に FreeBSD をセット
アップしていた頃のものなので、何かを packages や ports で入れた時に依存関
係からインストールされたものだと思います。

gem コマンド実行時に指定していた pg_config の位置も間違っていたので、

gem install pg -v '0.13.2' --
--with-pg_config=/vol1/usr/local/pgsql/bin/pg_config

このように正しい位置を指定したところ、

/vol1/usr/local/pgsql/lib
/vol1/usr/local/pgsql/include

も gcc のオプションにセットされるようにはなったのですが、結果は同じ。
つまり、先に

/vol1/usr/local/lib
/vol1/usr/local/include

を参照して、古いバージョンのファイルを捕まえてしまっている・・・というこ
となのでしょう・・・

今度、/vol1/usr/local/pgsql 以下のファイルのシンボリックリンクを

/vol1/usr/local/lib
/vol1/usr/local/include

の下に作ってチャレンジしてみます。

ご教示いただき、大変ありがとうございました。

--
SHINODA Masanori <shinoda@xxxxx>
Net & Field Co.,Ltd. Internet Service Section
Phone 082-231-0760 Fax 082-231-0776
Portable... 090-6419-9919


投稿者 xml-rpc : 2012年5月16日 02:06
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/110613
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。