2011年12月 6日

[ruby-list:48567] Re: [ruby-dev:44696] [ANN] 2011年度助成金公募

前田です。

今回の公募についてですが、助成委員会による選考の結果、16件の提案の中から
以下の2件のプロジェクトが採択されました。

世界の誰でも読めるRubyリファレンスマニュアル(に向けて)
応募者: 原 悠

本プロジェクトでは、現在英語と日本語で別々に行われているRuby標準ライブ
ラリの リファレンスマニュアル作成プロジェクトを統合し、「一つのソース
(英語)と、 それに対する複数の言葉への翻訳がある」という形式にすることで、
英語・日本語以外へのリファレンスマニュアルの翻訳を行いやすいモデルを提
案します。

krypt
応募者: Martin Boßlet

The goal of the krypt project is to provide a platform- and
library-independent cryptography API for Ruby. Not only C-based Ruby
implementations should be able to benefit from it, but there will also
be an implementation for JRuby.

The focus is on providing most of the features in Ruby, while
additionally offering the possibility to integrate OS- or
language-specific native libraries to implement cryptographic
primitives. The milestones of the grant period cover two of the
major building blocks of krypt: a streaming ASN.1 parser and a
Ruby DSL for parsing and encoding arbitrary ASN.1 objects - the
basic building blocks of most cryptographic protocols. There will
be 2 separate implementations for Java- and C-based Rubies to
guarantee maximum performance, offering a Ruby interface that
will be used throughout the library to implement higher-level
functionality. Documentation includes RDoc, general interface
documentation in the project wiki, as well as a technical
specification in the form of RSpec specs.

たくさんのご応募ありがとうございました。

2011年10月25日5:12 Shugo Maeda <shugo@xxxxx>:
> 前田です。
>
> Rubyアソシエーションは、Ruby処理系、ライブラリ及びフレームワークに関連
> する開発プロジェクト(既存のソフトウェアを改良するプロジェクトを含む)
> に対し、助成金を交付します。
>
> http://www.ruby-assn.org/ja/releases/20111025_grant.htm
>
> よいアイデアがあれば、ぜひ提案を応募してください。ただし、この助成金の
> 目的はRuby及び周辺環境の改善にあるため、特定目的のアプリケーションを開
> 発するプロジェクトは対象外ですので、ご注意ください。
>
> == 助成額
>
> 500,000円
>
> == 応募資格
>
> 任意の個人及び団体が提案を応募できます。複数の応募も可能です。
>
> == 選考プロセス
>
> 助成委員会が提案を査定し、2件のプロジェクトを選定します。
>
> == 選考基準
>
> プロジェクトの選定は、以下の基準に基づいて行われます(順不同)。
>
> * Ruby及び周辺環境の生産性及び性能に対する効果
> * プロジェクトの独創性及び創造性
> * プロジェクトの実現可能性
>
> == 評価
>
> 採択された応募者には中間報告書と最終報告書の提出が求められます。
> 助成委員会が提出された報告書を評価します。
>
> == 成果物の著作権とライセンス
>
> 採択された応募者が成果物のすべての権利を保持します。ただし、成果物は
> OSI承認ライセンスでライセンスされなければなりません。既存のソフトウェア
> を改良する場合、成果物のライセンスは元のソフトウェアのライセンスと互換
> 性のあるものでなければなりません。
>
> == 提案の応募方法
>
> 電子メールで下記の内容(英語又は日本語)をgrant2011(at)ruby-assn.orgに
> 送付してください。
>
> * 応募者名(個人名又は団体名)
> * 担当者名
> * 連絡先電子メールアドレス
> * 略歴
> * プロジェクト名
> * プロジェクトの詳細
> * プロジェクトの成果物
>
> == スケジュール
>
> すべての日付はJST(UTC+09:00)です。
>
> 2011年11月18日 ? ? 提案の応募期限
> 2011年12月1日 ? ? ?選考結果の通知
> 2012年1月31日 ? ? ?中間報告の提出期限
> 2012年3月19日 ? ? ?最終報告の提出期限
>

--
Shugo Maeda

投稿者 xml-rpc : 2011年12月 6日 12:50
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/107584
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。