2011年8月14日

[ruby-list:48322] [ANN] ytl 0.0.4 リリース

三浦と申します。

ytl 0.0.4をリリースしました。
ytlは超サブセットのRuby(正確にはRubyVM(YARV)の命令列)をX86(32bit, 64bit)
に変換して実行するプログラムです。変換の際に型推論を行ってその情報による
最適化(動的ディスパッチや型チェックの削除やデータのUNBOX化など)を
行います。生成した機械語コードを格納する領域の管理などどうしてもRubyでは
書けないところ以外は型推論・アセンブル等も含めてRubyで書いています。

Ruby 1.9.2 p136以降でX86系のCPUなら動くと思います。SSE2を使っているので
Pentium 4以前のものは動かないと思います。

その割にはあまり速くないのですが、レジスタ割り付けなんかをさぼって
いるせいだと思います。ベンチマークの結果は次をご覧ください。

https://github.com/miura1729/ytl/wiki/bench-Japanese

gemでのインストールが可能なのでgem install ytlでインストールできるとおもいます。

インストールや使い方については次をご覧ください。

https://github.com/miura1729/ytl/wiki/How-To-Use-%28In-Japanese%29


0.0.4でサポートされているRubyの仕様の詳細については
リリースノート
https://github.com/miura1729/ytl/wiki/Relese-Node-in-Japanese 
サポートしている言語仕様
https://github.com/miura1729/ytl/wiki/language-spec-in-japanese 


ソースコードは
https://github.com/miura1729/ytljit
https://github.com/miura1729/ytl

をご覧ください。

投稿者 xml-rpc : 2011年8月14日 20:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/105713
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。