2011年5月10日

[ruby-list:48080] Re: 小数点つき時刻情報とTime#parse

2011年5月10日14:28 EGUCHI Osamu <eguchi@xxxxx>:

>> 条件なしで使われているんですか?
>> 存在する時だけに使われるのでなく?
>
> 1.8と1.9の実装では方針が違うようで、、

64bit 整数型の存在に関する仮定に関して、

1.9 で変化したという覚えはないんですが、
なにかありましたっけ?

> 1.9では64bit 整数型が存在しない場合、自前の倍長演算ルーチンを呼んでいました。
> #Timeの内部表現もスケーリングがナノセコンドになっていました

time.c の中身は知っていますが、自前の倍長演算ルーチンという
覚えはないですね。

> いま話題にしている1.8では64bit 整数型をイミュレーションするコードはないですが、
> そのようなプラットホームでも [ruby-list:48070]で私が示したワークアラウンドは有効です。

理解できません。

パッチの形で書いていただけると理解できるかもしれません。

なお、私の案はパッチとして [ruby-list:48068] に書きました。
--
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]


投稿者 xml-rpc : 2011年5月10日 15:22
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103692
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。