2011年4月12日

[ruby-list:47960] Re: Ruby用のリアルタイムプロファイラ

遠藤です。

2011年4月12日0:41 Takahiro Sunaga <sunagae@xxxxx>:
> 開発しているプロファイラについて宣伝させてください。
>
> 現在リアルタイムで動作するRuby用実行時間プロファイラを開発しています。
> まだまだ不安定ではありますが、ある程度使用できるものになりましたので以下
> のページで公開しています。

> http://sunagae.net/software/llprof
>
> 既にRuby用のプロファイラとしてはprofileやruby-profなどがありますが、それ
> らとは以下の点で異なっています。
> ・別ホストからリアルタイムにプロファイリングの監視ができる
> ・コンテキストツリーをとってくるので、プログラムの文脈がより詳細に分かる
> ・低いオーバーヘッド (ruby-profよりも低い)
>
> もしご興味があればご覧頂ければとおもいます。


公開ありがとうございます。
使ってみましたが、動くような動かないような……。


自分の書いたコードで重くて公開済みでパッと思いついたものとして

http://d.hatena.ne.jp/ku-ma-me/20101224/p1

のコードを

$ ruby -rrrprof quinemas2010.rb

と動かしてみたところ、GUI で Root > Thread0 より先が展開できません
でした。関係あるかわかりませんが java のコンソールにたまに下のような
例外が出てました。

Exception in thread "Timer-0" java.lang.NullPointerException
at RRProf.Monitor.getProfileData(Monitor.java:160)
at RRProf.MonitorGUI$ProfileTimer.run(MonitorGUI.java:141)
at java.util.TimerThread.mainLoop(Timer.java:512)
at java.util.TimerThread.run(Timer.java:462)

変なコードのせいで行番号とかでバグをついてたりしますかね。


手元にある非公開のプログラム 2 つ (こっちはまともなもの) でも試して
みたところ、Thread0 の先まで展開できましたが、なぜか require が時間
を消費しまくっていることになってました。
どうも gem 関係の Class::load_specification とかいうメソッドで再帰
してるように見えたのですが、プログラム自体はちゃんと動いているので、
実際にそうはなってないと思うのですが。

まだ安定版しか試していないので、暇なときにさらに調べてみます。


あと、使いやすさの面で気になったことを 3 つ。

- ぜひ gem にしてほしいです。勝手にやっていいということなら勝手
にやります (誰かが) 。そういえば、ライセンスは?

- GUI の接続先のホスト名がデフォルトで godel なのはともかく、
一度入力したら覚えてほしいです。

- 測定ごとに GUI を立ち上げ直すのが面倒です :-)

--
Yusuke Endoh <mame@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2011年4月12日 03:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103133
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。