2011年2月15日

[ruby-list:47877] Re: ruby1.9.2 ruby-debug19-0.11.6.gem のローカルインストール

さくです。

2011/2/15 <eiichi_maekawa@xxxxx>:

> すでに、ruby_core_source は、インストールしているのですが、
> 他に、何が悪いのでしょうか?

今回は ruby のソースに含まれる vm_core.h が必要なわけですが、

ruby_core_source gem それ自体は ruby のソースを含んでおらず、
ruby_core_source をインストールしただけでは ruby のソースは手元に
存在しないのです。

ruby_core_source: Retrieve Ruby core source files だそうなので、
ruby_core_source が提供するのは、必要になった時点で ruby ソースを
ダウンロード&展開して配置する機能です。
これにはhttpが使える必要があるので、httpを使えない状況では役に立ちません。

うまく ruby_core_source のコードを書換えて、てローカルにあるファイルを
参照するように変更すれば、別途持ってきたものを使用できると思います。

URLがじかに埋め込まれているので、ローカルPCに立てたhttpサーバから取得
させるとか、ファイルから読むとか、手はいろいろあるでしょう。

ruby_core_source.rb の 53行目から57行目あたり。(ruby_core_source 0.1.4の場合)

uri = URI.parse(uri_path)
uri.download(temp)
uriに関する2行は消して、
tgz = Zlib::GzipReader.new(File.open(temp, "rb"))

tgz = open('手元に持ってきたRubyソース.tar.gz', 'rb') {|src|
Zlib::GzipReader.new(src) }
でいいのかな。

--
OZAWA Sakuro

"I think we can agree, the past is over." - George W. Bush


投稿者 xml-rpc : 2011年2月15日 12:53
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/101999
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。