2009年7月30日

[ruby-list:46244] ruby-chasen パッチテスター募集

きしもとです

ruby-chasen で不具合等あったので、パッチを作りました。
フィードバックとしてメンテナのかたに送る前に、他の環境で問題が
出たりしないか確認したいので、テストしてくださるかたを募集します。
差分はメールの最後にあります。

ruby extconf.rb を実行する際、chasen.h および libchasen の

ある場所に合わせて、--with-chasen-dir=??? または
--with-chasen-include=??? と --with-chasen-lib=??? を
必要であれば指定してください。

以下差分です。

diff -ru ../chasen1.6_ORG/chasen.c ./chasen.c
--- ../chasen1.6_ORG/chasen.c 2000-02-27 00:01:48.000000000 +0900
+++ ./chasen.c 2009-07-07 20:24:49.000000000 +0900
@@ -20,6 +20,8 @@
#include "ruby.h"
#include "rubyio.h"

+#include <chasen.h>
+
static VALUE
f_chasen_getopt(int argc, VALUE *argv, VALUE class){
int i;
@@ -40,7 +42,7 @@
static VALUE
f_chasen_sparse_tostr(VALUE obj, VALUE str){
Check_SafeStr(str);
- return rb_str_new2((char*)chasen_sparse_tostr(RSTRING(str)->ptr));
+ return rb_str_new2(chasen_sparse_tostr(RSTRING(str)->ptr));
}

static VALUE
@@ -54,7 +56,7 @@
rb_io_check_readable(fp);
dst = rb_str_new(NULL, 0);

- while ((buf = (char*)chasen_fparse_tostr(fp->f)) != NULL) {
+ while ((buf = chasen_fparse_tostr(fp->f)) != NULL) {
rb_str_cat(dst, buf, strlen(buf));
}
return dst;
diff -ru ../chasen1.6_ORG/extconf.rb ./extconf.rb
--- ../chasen1.6_ORG/extconf.rb 1999-09-09 21:57:36.000000000 +0900
+++ ./extconf.rb 2009-07-08 14:19:55.000000000 +0900
@@ -1,20 +1,5 @@
-require "mkmf"
-require "parsearg"
+require 'mkmf'

-def usage()
- printf "Usage:\n"
- printf "%s [-L library_path]\n", $0
-end
-
-$USAGE = 'usage'
-parseArgs(0, "L", nil, "L:.")
-
-unless have_library("chasen", "chasen_getopt_argv")
- $objs = Dir["*.{c,cc}"]
- for f in $objs
- f.sub!(/\.(c|cc)$/, ".o")
- end
- $objs.push File.join(["#{$OPT_L}", "libchasen.a"])
-end
-
-create_makefile("chasen")
+have_library 'stdc++'
+dir_config 'chasen'
+have_library 'chasen', 'chasen_getopt_argv' and create_makefile 'chasen'


投稿者 xml-rpc : 2009年7月30日 23:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87116
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。