2009年7月 4日

[ruby-list:46158] Re: メソッドArgumentのParenthesisについて

斎藤と申します。
ちょっと興味があるので突っ込ませてください。

On Fri, 3 Jul 2009 23:24:02 +0900
"5.5" <5.5@xxxxx> wrote:

> 視覚心理学でいう“群化”によって,メソッド名と各引数がそれぞれ
> カタマリに見えるのも目にやさしいです。


自分は心理学にまったく詳しくないのですが、その「群化」というのは、
カッコでは成されないものなのでしょうか?

素人目には、「1 + 2 + 3」を「1 + (2 + 3)」とすると、「2 + 3」が「群れている」
ように感じます。
あるいは「数式だと『感じ方』より『意味』を探ってしまう」ということであれば、
「あいう(えおか)きくけこ」という例でどうでしょう。意味はなくても、「えおか」
だけ別の固まりに感じられます。

--
斎藤ただし


投稿者 xml-rpc : 2009年7月 4日 14:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86383
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。