2009年7月 4日

[ruby-list:46157] Re: メソッドArgumentのParenthesisについて

お二人ともお返事ありがとうございました。

記述性が上がるというのは確かにそうですね。
しかし可読性については、疑問があります。
個人的にはPerlの様に他人のコードは分からないという状況になりかねないからです。

ちなみに、るびきちさんの具体的なコードが見てみたいとのことで。
その僕が違和感を感じたコード(コード補完)とは


REXML::Elementオブジェクトに対する補完でして、
add_attributeに対しては
element.add_attribute(key, value)

と補完されます。しかし、add_elementでは
element.add_element element, attrs
と補完されました。共にNetbeans6.5.1です。

おそらく補完データを書いた人が違うのでしょうね。
それで流儀が違うと言うのかもしれません。

ちなみに気持ちが悪いなぁと思ってしまうのは、例えば
p REXML::Element.new("hoge").add_element REXML::Element.new("foo")
.parent.add_element(REXML::Element.new("bar")).parent.to_s

とやると当然エラーですが、

p REXML::Element.new("hoge").add_element(REXML::Element.new("foo")
).parent.add_element(REXML::Element.new("bar")).parent.to_s

とやると当然通ります。

このように意味が同じでありながら挙動が違うことに違和感を感じてしまうからです。
趣味の範囲ですけれどね。
なのでどうしても自分は全部括弧を補ってしまいます。

るびきちさんの仰るように
foo bar arg1は
foo(bar(arg1))と同じ
に統一してくれたら気持ちが良いのですけれどね (^^;

それでは、ありがとうございました。


投稿者 xml-rpc : 2009年7月 4日 14:05
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86382
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。