2009年7月 3日

[ruby-list:46156] Re: メソッドArgumentのParenthesisについて

5.5 です。

私が,括弧が省略できてとくに嬉しいなあと思うのは,
・引数が括弧を含む式になっているとき
・引数が複数あるとき
です。

puts(a*(x1+sin(y1)), b*(x2-cos(y2)))


puts a*(x1+sin(y1)), b*(x2-cos(y2))

いま無理矢理作った例ですが,実際的なプログラミングにおいても,
省略が嬉しいことはまあ伝わるでしょうか。

視覚心理学でいう“群化”によって,メソッド名と各引数がそれぞれ
カタマリに見えるのも目にやさしいです。

一言で言えば,入れ子になったものよりも,(見かけ上)ただ並べら
れたもののほうが一目で把握しやすいということだと思います。

※私は素人ですが,Ruby はメソッド呼び出しの自由度・記述性に心
砕いて設計されているのかなあと思います。

--
5.5@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2009年7月 3日 23:24
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86368
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。