2008年7月29日

[ruby-list:45282] Re: [ANN] Ruby 1.9.0-3リリース

At Mon, 28 Jul 2008 23:03:18 +0900,
U.Nakamura wrote:
> In message "[ruby-list:45277] Re: [ANN] Ruby 1.9.0-3リリース"
> on Jul.28,2008 22:35:44, <knu@xxxxx> wrote:
> >  むろん、プラットフォームが事実上終わっていて、誰も動作確認を
> > 十分に行えておらず、すでに Ruby のメンテナンス上の負担になって
> > いるようなものは、メンテナが現れなければ消すべきだと思います。
> > そしてそういうものが上記にあれば今名指ししておくべきでしょう。

>
> というか、そういうものを抽出して名指ししたのが問題のリストな
> んだと思います。

 明確なメンテナがいないという基準なら、ほかにもそういう環境は
あります。具体的な理由を明らかにするのが望ましいです。

> (1) プラットフォームが事実上終わっているもの(怒らないでね)
>
> * BeOS

 Haikuってプロジェクトがありませんでしたっけ。まだ一般に使える
レベルではないとは聞きますが…。

> * OS/2

 これはサポートも終了しましたね。

> * Classic MacOS
> * djgpp
> * VMS

 VMSはまだ続いているのではないかな…。

> * human68k
>
> (2) 誰も動作確認を十分に行えていないもの
>
> 挙げられているもの全部
>
> (3) メンテナンス上の負担になっているもの
>
> * WinCE
> * bcc32
>

 bcc32は、もうプラットフォーム自体に意義がなさそうです。

 WinCEはまだバリバリに生きているので残した方がいいんじゃない
かなあ。

> ※この2つ以外は存在自体が普段無視されているので、負担もなに
> も、コンパイルすら通せないはず。また、この2つも勘で時々手
> を入れているだけなのでコンパイルが通るという保障はない。

 コンパイルできないから価値がない、とは思いません。特に、現在
生きている環境について依存部分が洗い出されているのは財産だし、
将来の移植者の具体的な助けになるでしょう。「#ifdef があるから
ちょっと直せば動くはずだ」というのはよくありますよね。

 まあ、メンテナがいないと大変だというのはよくわかります。誰か
名乗り出てくれるといいですね。

> あと、挙げられた以外の観点もちょっと出してみましょう。
>
> (4) そもそも1.8でもサポートされていないもの
>
> * Classic MacOS
>
> (5) プラットフォームのスレッドサポートがpthreadまたはWin32ス
> レッドと異なるor存在しないために現状では手の出しようがな
> いと思われるもの
>
> * BeOS
> * OS/2
> * Classic MacOS
> * djgpp
> * VMS
> * human68k

 BeOSはまだとっておいてあげてもいいんじゃないかと思います。
スレッドサポートの修正待ち、もしくはpthread互換APIの実装待ち、
で放置してはどうでしょうか。

 VMSもまだOpenVMS I64なんてのが生きているし、pthreadもあるよう
なので望みなしというわけではなさそうです。

 いずれも、頻繁に手の入るような部分に大きな場合分けがあるよう
には見えないので、負担は軽いのではないかと思いました。

> と、こんな感じなので、yuguiさんの挙げられたリストはおおよそ真
> っ当なものでしょう。

 真っ当なのかどうか判断の材料がなかったので、このように挙げて
いただけると、問題提起の甲斐があったというものです。ありがとう
ございます。

--
Akinori MUSHA / http://akinori.org/

投稿者 xml-rpc : 2008年7月29日 16:56
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75798
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。