2008年2月24日

[ruby-list:44691] ”Rubyアプリケーションプログラミング”の伝言サーバの使い方

キムと申します。オーム社から出版されている書籍、"Rubyアプリケーションプログラミング"のP267~275に掲載されている伝言サーバー&クライアントの利用の仕方がわかりません。質問を要約すると次の2点です。1、サーバーが正常に起動されているかどうかわからない。2、書き込みクライアントで入力をサーバーに送信する方法がわからない。

自分の試した手順は、サーバーをRoot権限でPort88888で起動。しかし、このサーバーのスクリプトの275〜276行目で表示されるはずの"Start
Dengon Server at...."が表示されることなくスクリプトが終わります。

次に書き込みクライアントを引数に伝言番号、ホスト名、ポート番号を入力して起動(dengon-write.rb(1, localhost,
88888)。すると標準入力で文字を入力することができます。クライアントを終了することでサーバに送信されると思うのですが、標準入力で無限ループに入るので、強制終了でクライアントを終了する以外思いつきません。読み込みクライアントを入力で利用した伝言番号で起動しても、ERROR
:no messageとなるので、サーバーにメッセージが蓄積されていないことがわかります。


そもそも"Start Dengon Server
at"が表示されないので、サーバーを起動する時点で根本的に間違っているのかもしれません。このプログラムを実行したことのある方、どうか正しい利用の仕方を教えてください。よろしくお願いします。

<実行環境>OS: Fedora8, Ruby 1.8.6

投稿者 xml-rpc : 2008年2月24日 19:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/70269
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。