2008年2月14日

[ruby-list:44628] Re: Q: 動的デバッグ方法

斎藤と申します。

On Mon, 4 Feb 2008 23:04:37 +0900
"morita" <m-morita@xxxxx> wrote:

> 対策として、以下のうち、いずれか該当するものがあればご教示
> ください。
>

> (1) 動的にデバッグモードに移るようなライブラリ関数はあります
> でしょうか?
> (2) データ解析に入る時点でチェック・ポイントファイルを作成し
> て、そこから起動するような機能はありますでしょうか?
> (core イメージのsave/restore 機能)
> (3) デバッグ・プログラムの参考プログラム等ありますでしょうか?
> (基本は動的にStdin から読み込み eval すればよいような気が
> します)

いづれでもありませんが、

> デバッグなのですが、起動時に 「-r debug」を使用すると、データ
> 解析部分に入るまでに10分以上かかります。(デバッガー経由だと
> 10倍以上遅い感じがします) この苦痛を何とかしたいです。

に対する正攻法として、デバッグライブラリ自体を早いものに変えると
いうのはいかがでしょう。具体的には、ruby-debugというプロジェクトが
あります。

http://rubyforge.org/projects/ruby-debug/
http://www.datanoise.com/ruby-debug/

一部が拡張ライブラリとして実装されているらしく、動作の高速性を
謳っています。rubyforgeでは開発段階が「α版」となっていますが、
こういうものがある、という紹介まででした。これの他にもひょっとしたら、
同様なプロジェクトがあるかもしれません。

# 上記デバッガに加え、9年前の本でも遅さが指摘されているプロファイラとが、
# 高速になって標準で添付されたらとてもうれしいなぁ、と常日頃から思っています。

--
斎藤ただし

投稿者 xml-rpc : 2008年2月14日 03:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69777
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。