2008年2月 5日

[ruby-list:44576] Re: Q: 動的デバッグ方法

るびきち さん、

示唆に富むご意見ありがとうございます。
> デバッグとはあまり関係なくて、設計についてですが。
> このような場合、MarshalやPStoreで内部データ構造を
> ディスクに保存してはどうでしょうか?
早速、クラス定義のみ共有し処理をモジュール化して、
Marshalを試してみました。通常モードで1分以上かかっ

ていたデータの読出し及び展開処理が、dump 経由だと 10 秒
程度で解析処理に着手できるようになりました。
(思ったより速かったです!) これだけで結構うれしいです。

但し、解析側のプログラムをデバッガー経由で起動すると、
Marshal.load で3分ぐらいかかります。やはり、breakpoint
は必須でした(とは言え、それでも前よりずっと速いのですが)

もりた


投稿者 xml-rpc : 2008年2月 5日 22:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69477
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。