2008年2月 5日

[ruby-list:44575] Re: Q:動的デバッグ方法

From: "morita" <m-morita@xxxxx>
Subject: [ruby-list:44568] Q: 動的デバッグ方法
Date: Mon, 4 Feb 2008 23:04:37 +0900

るびきちです。

> Ruby はいろいろな言語のよいとこ取りのした言語のようでとても
> 重宝しています。が、現在困った問題にあっています。

> プログラムのデバッグ方法です。今作っているプログラムは、デ
> ータの読み出しや内部データ構造に展開するのに、1分以上かかり、
> そこから問題のデータ解析に移ります。そのデータ解析部分の

デバッグとはあまり関係なくて、設計についてですが。
このような場合、MarshalやPStoreで内部データ構造を
ディスクに保存してはどうでしょうか?

* データの読み出しと内部データ構造への変換・保存
* 内部データ構造を読み込んでからデータの解析
のように二部に分けます。内部データ構造を格納したファイルを指定すると、
即解析作業へ移れるようにするのです。

そう設計することでテスト・デバッグがしやすくなります。

--
rubikitch
Blog: http://d.hatena.ne.jp/rubikitch/
Site: http://www.rubyist.net/~rubikitch/

投稿者 xml-rpc : 2008年2月 5日 21:11
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69478
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。