2006年4月10日

[ruby-list:41999] Re: Kconv のデフォルト動作とオプション指定

成瀬です。

Tanaka Akira wrote:
> In article <4438C24D.4030106@xxxxx>,
> "NARUSE, Yui" <naruse@xxxxx> writes:
>
>> なお、この時点で、v1_3_1_990224 という Tag が打たれているので、
>> うわぁ、という感じではあります。。。

>
> つい ruby 1.2 を build してしまったのですが、それでも挙動は変わりませんね。
>
> % ruby-1.2 -v -Ke -rkconv -e 'p Kconv.toeuc("=?ISO-2022-JP?B?GyRCJCIbKEI=?=")'
> ruby 1.2(98/12/25) [i686-linux]
> "あ"

あれれ、ruby/ext/kconv/Attic/kconv.c では、
mime_f = FALSE になっていたのにな・・・、と思ったら、
do_kconv() で mime_f = TRUE にしていました。
見落としてましてすいません。

そこで、Kconv 導入の経緯を探してみると、[ruby-list:1311] からで、
これってPerl/Kconvの移植なんですね。(はじめて知りました)

件のPerl/Kconv を見てみると、
> デフォルトで iso-2022-jp/iso-8859-1 MIME
> decode を利用するようにしてあります。
とあるのですね。。。

これは仕様変更かなぁ・・・。

--
NARUSE, Yui <naruse@xxxxx>
DBDB A476 FDBD 9450 02CD 0EFC BCE3 C388 472E C1EA

投稿者 xml-rpc : 2006年4月10日 05:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/41850
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。